• 地域のエレガントな知恵袋~Elegant wisdom for our town 〜 OFFICE UKAWA G.K.

    暗い廊下で君は無言の手招きさ 蕃紅花(サフラン)色のドアを開けたよ~

    1978年に原田真二さんが作曲して歌った「タイムトラベル」という名曲の一節。松本隆さんが作詞、のちにスピッツがカバーしたのも有名です。
    ドアを開けたとたんに、エジプトのスフィンクス、ニューヨーク、宇宙を旅行して最後は東京で時間旅行の目が覚めるという約4分間の歌ですが、こんな旅がいっぺんにできたら面白いだろうなと何度も思ったもの。
    そしてついに、8月7日(金)の21時から22時の1時間、実現しました。

    ◆バーチャル世界一周旅行の概要

    今回のツアーは、株式会社ニットという、オンラインアウトソーシング等の事業を展開する企業が企画されたもの。Peatixから早速申し込みました。
    当日は、YouTubeでの生中継で、1119人が参加!
    世界33か国にいるニットの社員から選ばれた方が、駐在する国からのレポートをすることが説明された後、「本日は皆様、ご搭乗いただきましてありがとうございます」のアナウンスののち、私達は東京を出発しました。

    ◆聖地エルサレム

    ダマスカスゲートから中継開始。現地時刻は金曜日の15時。金曜日は現地では休日扱いです。
    市場のみずみずしいブドウがおいしそうでした。一人持ち時間約8分のレポートで

    1.市場はコロナウイルスの影響で観光客がほとんどおらず、行き交う市民はマスク着用
    2.物価は日本より高く、ランチは日本円で1,000円以上する
    3.パンの種類は豊富でおすすめはチーズのお菓子

    ということがわかりました。
    街中は壁がたくさんあるので、中継電波は時々固まってしまうことがあったものの、何とか繋がって次の国にたすきリレーです。

    ◆クロアチア

    アドリア海の真珠と言われるドブロヴニク、あるいはサッカーのストイコビッチ(ピクシー)さんを連想する国。
    世界遺産の「スプリット」からの中継です。世界遺産に人が居住する珍しいケース。
    私は東欧圏への旅行経験がないため、興味津々。
    現地気温は32℃で、強い日差しでした。
    生中継を見ている参加者からは、チャット機能を利用して色々な質問やコメントが寄せられていました。

    1.マスクは「建物に入る時だけ」着用義務づけ、外ではしなくて可
    2.例年の10分の1程度の人出

    というレポート。中継の最中、兵士のコスプレをした男性2名が映り込み、チャットで大好評でした。
    お土産物屋さんをくぐると、宮殿の心臓部が観られました。
    ここで持ち時間ギリギリになり、レポーターさんは猛ダッシュ。プロムナードを経て美しいアドリア海!
    全力疾走してくださってありがとうございました。おかげできれいな海が見れました。

    ◆チェコ

    その昔、旅好きな職場の先輩がこの地を旅して絶賛していました。
    レポーターさんのおすすめコメントは、「街が美しい」「緑が多い」「ビールが安い」とあったので、なおのこと期待が膨らみます。
    プラハ城周辺の大聖堂からのスタート。建築はゴシック様式です。こちらの特徴的なレポートは

    1.マスクは外ではしなくてよい、地下鉄の中だけ着用する
    2.この辺は第2次世界大戦の爆撃被害が少なく「建築の博物館」ともいわれる
    3.大聖堂は本来、中に入られるが今はコロナの影響で入れず、例年の夏のピーク時より人が少ない

    ということでした。裏門を出ると貴族の屋敷が立ち並び、さらに歩くとカレル橋にさしかかり、中継は終了。

    ◆イタリア

    ピサの斜塔から約12~3キロのカルチという小さい町から、修道院までのお散歩コースの中継です。
    現地の気温は32℃。昼の14時だったので暑すぎてみんな外には出ない。いわゆる「シェスタタイム」の時間帯です。
    チャットから届いた質問にレポーターさんがお答えした内容としては

    1.家賃は400~500€程度(日本円で5~6万円)で50~60㎡の家が借りられる
    2.「トマトソースにクリーム」「ナポリタン」はイタリアではありません

    でした。オリーブ並木を横目に、レポーターさんが修道院の入り口まで全力疾走。
    次の中継地につないだのでした。

    (つづく)


    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。